かぶせもの

「かぶせもの」の種類(保険診療)

かぶせもの

2014年4月の診察報酬改定により、先進医療技術としてハイブリッドレジンのCAD/CAM冠が保険適用になりました。
保険診療なので、自費診療のかぶせものに比べて安価で白い歯にすることができます。 この機会に白い歯にしてみませんか?

CAD/CAM冠とは

>CAD/CAM冠

保険診療の詰め物の材料である歯科用プラスチック(レジン)にセラミックを混ぜた素材でできた被せ物です。他のかぶせものとの決定的な違いは作製方法です。歯科技工士の手作業で作製される他のかぶせものとは異なり、患者様のお口の中を型取りした模型のデータをコンピューターが読み取って設計し、専用のコンピューターで加工してかぶせものを作製します。

CAD/CAM冠の特徴

  • 第一・第二小臼歯が対象です(前歯から数えて4・5番目の小臼歯)
  • 保険適用なので経済的負担が軽減されます(5,800円・型取り時に別途費用が発生)
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がありません
  • 白色なので金属のかぶせものより審美性が優れています

CAD/CAM冠の注意点

  • セラミックを使用した自費診療のかぶせものと比較すると、審美性・耐久性は劣ります。
  • 以下の症状がある場合、適用できない場合があります
  • ・噛む力が強すぎる方
    ・歯ぎしりやくいしばりが強すぎる方
    ※従来からの保険診療のプラスチック冠より強度はありますが、割れてしまう可能性があるため

詳細はお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

「かぶせもの」の種類(自費診療)

素材・名称 写真 素材 長所 短所
メタル
セラミック
メタルセラミック 金属にセラミックを焼き付けたもの 白く美しい。
目立たない。
ほとんど変色しない。
裏側に金属を使っているので、ある程度の耐久性がある。
極度の衝撃で
割れることがある
ハイブリッド
セラミック
ハイブリッドセラミック セラミックにプラスティックを混ぜたもの 色が白く目立たない。
金属アレルギーにならない。
多少の変色がある。
ゴールド ゴールド 金合金を使用 耐久性が最も高い。
2次虫歯になる可能性が低い。
金属アレルギーになりにくい。
色が目立つ。
金銀
パラジウム
合金
金銀パラジウム合金 銀、パラジウムなどを使った銀合金 健康保険が適用できる。 色が目立つ。
2次虫歯になりやすい。
金属アレルギーになる可能性がある。

奥歯治療(かぶせもの)の流れ

むし歯を削ります → 必要に応じて神経を取り除きます →
→ 型をとります → img
→ 技工所で装着物を制作します → 装着します

「かぶせもの」の治療に使用する素材

金属床義歯 セラミック ゴールド ゴールド
お皿につかう陶材を歯科用に 加工したもので、色が白く、大変美しく仕上がります。 多少目立ちますが、とても 適合がよく、むし歯が再発しにくい素材です。
金属床義歯 シルバー  
健康保険が適用できます。他の素材に比べ、むし歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなります。

材料による3つの違い

かぶせものには、使用する材料により 主に3つの点で違いがあります。

美しさ

小さなかぶせものでも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。
その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

美しさなら断然セラミック!!

セラミックと銀歯

再発リスク

かぶせものは、その精度や素材のかたさなどによって、使用できる年数に違いがでることもあります。なかでも、ゴールドは丈夫さNo.1です。 また、耐久性と美しさの両方を求められる方には、金属にセラミックを焼き付けたメタルセラミックもおすすめです。

丈夫なかぶせもの

ゴールドと銀歯

安全性

歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になることもあります。オールセラミックなら金属を一切つかっていないので安心です。ゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。

ゴールドは酸に溶けにくい金属です

それぞれ強い酸に1分間つけてみると…

ゴールドと銀歯

ページトップへ